作業員

賃貸物件での現状回復の費用ははどこまで負担するのか

物件の種類別のプラン

ヘルメット

賢いサービスの利用法

貸店舗や賃貸オフィスから退去する場合には、契約が終了するまでに、テナント自身が原状回復工事を進めることが重要です。法人向けの原状回復工事を手掛けている業者に相談すると、低料金でスピーディーに、入居前の状態に戻してくれるので安心です。しかし業者によって、料金や作業が完了するまでの所要時間が違うので、まず最初に原状回復工事費用の見積もりを依頼するのがポイントです。特に飲食店が撤退する場合には、スケルトン状態に戻す必要もあるので、坪当たりの工事費用は3万円前後が相場です。けれどもオフィスの退去では、パーティションの撤去やクロスの張り替えがメインであり、小規模な事務所であれば総費用は20万円程度です。一方で賃貸マンションやアパートの場合には、原状回復工事費用の半分以上を、オーナーが負担ケースが一般的です。特に次の入居者をスムーズに確保するには、室内を美しく仕上げる必要もあり、本格的なリニューアル工事を実施するべきでしょう。したがって畳を交換するプランや、部屋と設備を丁寧に清掃する、ハウスクリーニングもセットになったプランも好評です。標準的な1DKのアパート向けの料金は10万円ですが、前もって業者の無料見積もりサービスを利用するのが良い方法です。複数の物件の原状回復工事を同時に発注すると、1室当たりの料金が割安になる場合もあるので、条件面で業者と交渉するのが理想的です。そして施工業者の退去立会いサービスを利用すると、賃貸物件の引き渡しもスムーズに行えるので、オーナーの間でも大人気です。