作業員

賃貸物件での現状回復の費用ははどこまで負担するのか

費用と節約ポイント

空室

入居前の状態に戻す

賃貸住宅を解約するときには、入居前の状態に戻す必要があります。これを現状復帰といいます。現状復帰を業者に依頼するときには、その費用を賃貸主と借主の双方が負担するのが一般的です。普通の生活を送っていると住居や設備に汚れや磨耗が起こるものです。管理会社としてはできるだけ費用を節約したいものです。現状復帰の費用としては、1万円から30万円です。内容の項目としては、壁紙の張り替え、シミやフローリングの修復、穴や傷の補修、ハウスクリーニングがメインになります。この中で最も費用がかかるのがハウスクリーニングです。およそ10万円です。壁の穴や傷は比較的安価で、1万円程度です。最も費用幅が大きいのは、壁紙の張り替えです。安いものであれば3万円程度で済むのに対して、高いものであれば30万円を超える場合もあります。現状復帰において費用を節約するポイントはハウスクリーニングを除くことです。部屋がきれいな状態であればクリーニングの必要はありません。現状復帰においてはクッションフロアまたはカーペットの張り替えだと通常の張り替えよりも費用が高くなる傾向があります。部屋の広さに応じて値段が上がっていくので、注意が必要です。ちなみに、自然磨耗に関しては借主に責任はありません。あくまでも貸主の負担になります。たとえば、冷蔵庫を置いたことでできる電気焼けや日光による日焼けなどが挙げられます。自然に摩耗するものに関しては支払う義務はないので、万が一現状復帰のための費用を請求された場合は、不動産会社や弁護士に相談しましょう。