作業者

賃貸物件での現状回復の費用ははどこまで負担するのか

借主の責任となる部分

リフォーム工事

賃貸住宅から退去する際には、借主は現状復帰を行う必要があります。つけた汚れや持ち込んだ設備などを除去し、借りた時と同じ状態に戻すのです。ただし経年劣化とみなされる部分に関しては、貸主が修繕します。責任のある方が費用を負担することになるので、多くの借主が負担が増えないように気をつけて利用しています。

現状回復の基礎知識

空き部屋

アパートやマンションなどの賃貸物件から引越しをする際、大家さんに部屋のクリーニング代を払わされたり、壁などの多額の修理代を払わされたりなど、現状回復のトラブルがとても増えているようです。はたして引越しする際の現状回復は、どこまでしたらいいのでしょうか。現状回復の基礎知識についてお教えします。そもそも現状回復という言葉にはどういう意味があるのかというと、「元の状態に戻す」つまり「引っ越してきたときの状態に戻す」という意味があります。しかし、国土交通省のガイドラインには、「普通の生活でついた汚れなどは回復をしなくて良い」「普通の生活ではつかない過度な汚れや傷などは直さなければならない」というようなことが記載されています。普通の生活ではつかない過度な汚れとは、ついた汚れを拭き取らず放置し、清掃業者に頼んでも落ちなくなってしまったような汚れです。汚れたらその都度きちんと掃除をするという生活をおくるようにすることが大切でしょう。
現状回復でもう一点理解しておくべきことがあります。それは、時間の経過により物は劣化し価値が下がっていくという点です。新品で購入した服や時計などを中古買取店で売るとなると定価より金額が安くなってしまいます。それと同じで、建物の壁紙や床なども、時間が経つと価値が下がっていくのです。壁紙の寿命は6年と決まっているので、新品の状態から6年経つと価値がほぼなくなります。なので、引越しの際に壁紙が汚れていても、6年経過していれば借りた側は張り替え費用などの負担はしなくても良いのです。ただし、入居して6年経たないうちに壁紙を汚してしまい、引っ越す際は壁紙の寿命もまだ残っており価値があります。その場合は張り替え費用の支払いをしなければならないので覚えて置くようにしましょう。壁紙は、汚れの他にも画鋲や日焼け煙草のヤニでの黄ばみなどの心配がありますが、この寿命が6年という決まりを当てはめれば必ずしも敷金が返ってこなくなったり費用を負担するようなことになるわけではないでしょう。しかし、室内でかなりの喫煙をした場合は壁紙以外の部分に臭いがついてしまったり、エアコンの内部が汚れてしまって清掃費用がかかってしまうなどして多額の費用を支払わなければならない可能性が高くなってしまいます。そうならないためにも室内では煙草を吸わないようにしたり、なるべく換気扇のところで吸うなどし、気をつけるようにしましょう。
壁紙の他にも、フローリングシートなどの床材は寿命が6年となっています。畳は消耗品として扱われるので、引越しの際に買い換えなくてはならないなどの負担はありません。また、床や畳に家具を置いた際にできる跡は、普通の生活でついた傷とみなされ入居者の負担にはなりませんが、フローリングシートを破いたり、カビを発生させてしまったりした場合は入居者が回復費用を支払わなければならないので注意しましょう。

費用と節約ポイント

空室

現状復帰とは入居前の状態に戻すことをいいます。一般的には1万円から30万円程度かかります。壁紙の張り替えが最も費用が高いです。節約するときにはハウスクリーニングを省くことをおすすめします。

物件の種類別のプラン

ヘルメット

設備などの取り壊しも含めた、店舗の原状回復工事の場合には、坪当たりの工事費用の平均は3万円程度です。ハウスクリーニングやリニューアルもセットで行うと、マンションの室内も美しくなるので、次の入居者募集にも役立つでしょう。